前日に戻る 旅程表に戻る 次の日へ行く

第4日目



<今日のイベント:Monaco観光>


Nice station NiceからMonacoまでSNCFにて移動。

この路線は世界でも最高の景色だろう。NICE->Monacoの 方向であれば当然進行方向向かって右側の海沿いの席を確保すべき。
Nice to Monaco 1 Nice to Mobaco 2
Monte-Carlo station my family inMonte-Carlo station Monaco Monte-Carlo駅は地下の新駅に変わっていた。以前は全くの田舎駅だったのに。全地下駅に なっている。

MonteCalro 2 出口も宮殿入り口より多少Menton側(東側)に変わっている。 宮殿まで車でも行けるが、ここは坂道を歩いて登るべきだろう。
坂道の入り口付近にはモナコ警察の検問所とちょっとした広場、レストラン、おみやげ屋が ある。ここの値段はモナコ王宮敷地のそばにある店より若干安いので、品定めと価格チェック をしたほうが良い。



MonteCalro 2 MonteCalro 3 MonteCalro 4 だらだらと坂道を上り、いくつかの門をくぐると、やがて周囲にMonacoが世界に誇る風景が 広がって来る。
まず見えるのは超高級クルーザーが停泊している港。その船着き場の直ぐ そばも、モナコF1グランプリのコースである。坂を上りきると宮殿前の広場に出る。宮殿 見学は夏の間だけで今は中に入れない。

見学OK期間中は30分おきにガイド付き宮殿内見学ツアーがある。(有料)英語、フランス語 イタリア語、ドイツ語の4種類だったと思う。もちろん、日本語など無い。国連公用語では無い のにイタリア語ツアーがあるのはイタリア国境が近く、イタリアからの観光客が多いせいか。

Capital of Monaco and my daughter and my son Capital of Monaco2
グレース王妃が眠るカテドラルに行く。床にあたる部分に棺が納められていると思しき 場所が並ぶ。右回りで見て回るがさっぱり名前は解らない。最後に沢山の花が添えられ ている所に来る。ここにグレース王妃が眠っている。その右側に2つ未使用の墓所が 用意されていた。(ここは当然撮影禁止である)カテドラルの中にフランスフラン をモナコのコインに替えてくれる自動機が設置されていた。以前には無かった ものだ。フラン(現在はユーロ)はモナコでも通用する。このコインは記念用のようで ある。(2001年の旅行当時)ユーロ表示はモンテカルロ市内でもいくつか見かけた。

Capital of Monaco3 Capital of Monaco4 11時40分頃、王宮前の広場に戻る。既に人だかりができている。
11時55分から恒例の衛兵交代式が始まるのだ。ここにはさすがに数人の日本人観光客が来ている。 5分前には広場は衛兵の通路以外は人で一杯になった。子供連れは早めに行って、通路 の側を確保すべきだろう。ある意味、日本人の大人にも当てはまることだ。とにかく回りは みんなでかい。身長180cn以上はざら。

zoo? このあとレーニエ大公の水族館まで行く。これも宮殿のような建物だ。建物の裏側が地中海に 面しており、水中を見られるようになっているそうでが、時間が無く見学は断念。

おみやげはモナコ帽子と絵葉書、コイン。王宮近くの店は値段が高い。ここにしか無い商品 を十分に吟味したほうが良い。

AntibesまでSNCFで移動。Antibes駅は改装中で、かなり立派な建物になりそうだった。 私が以前行ったときは、日本の無人駅に毛が生えた程度の田舎駅だったのだが。

Antibes1 Antibes2 駅の近くの"行きつけのスーパー"CODEC"は無くなっていた。子供が腹が空いたという ので近くのパン屋でパンと飲み物を購入。英語は全く通じない。身振り手振りのみ。

時間があったので月曜日で休みとは解っていたがピカソ美術館があるグリマルディ城に行く。

Antibes3 途中Antibesの下町を抜ける。
ここでもポケモンカードを持った少年に出会う。玩具屋でゲームボーイ やNintendo64を見かける。ポケモングッズも一杯ある。後々になってお土産にフランス語 バージョンのポケモン一覧ポスターを買うべきだったと後悔する。

Antibesの中央郵便局から日本に絵はがきを出す。英語は数字も殆ど通じない。しかし、受付 のマドモアゼルは何とか意志疎通をしようと努力してくれた。同じ国家公務員でもカンヌ駅の 不機嫌そうな窓口氏とは大違いである。なんとかJAPON宛を分かってもらったようだが、本当に 日本に届くのだろうか。大いに心配した。(5通出したが、結局全て無事に届いていた)

Grimardy ピカソ美術館はやはり休み。仕方ないので外観の写真だけ撮る。


Hotel Ambassader Hotel Ambassader and daughter,son Antibesのバスセンターに戻り、Juan les Pins Gare方面行きのバスに乗る。かつて 毎日通ったルートだ。AntibesのHotel Ambassaderの横でバスを降りる。
Juan les Pins Gare1 Juan les Pins Gare2 まだ3月ということもあって、街は閑散としている。通い詰めたベトナム料理のおばあさんの店を 探すがそれらしい店は無い。夏だけopenするのか、みんなで親類の居るというカナダに行ったか? 仕方なくJuan les Pins GareよりSNCFでNiceに戻る。

Juan les Pins Gare3 今度のSNCFの列車は以前から走っている古風な機関車+客車であった。写真の右端の方に"2" と書いてあるが文字通り"2等座席"のこと。これだけ古風でも"1等座席車"が接続されている 不思議。

Niceでレストラン探し。子供には巨大Pizza。大人はコースメニュー。昨日の店よりは ましか。今夜がNice最後の夜。インターネットは設定をいろいろ変えて接続を試みるが、 相変わらずPOP3サーバーには接続できない。

前日に戻る 旅程表に戻る 次の日へ行く

log


トップページへ戻る




メールサーバーがダウンしている時の為に、このアドレスも覚えておいて下さい。
If main mail-server is down , you should remember the upper spare e-mail address.