前日に戻る 旅程表に戻る 次の日へ行く

第3日目



<今日のイベント:Grasse観光>

朝から快晴。CannesまでSNCFで移動後、バス。その前にPalase des Congress (カンヌ映画祭の会場)近くのマクドナルドにて昼食調達。以前来たときには 全く英語が通じなかったところ。 さすがに日本人はいない。ここのマックにはちゃんとエスプレッソやクロワッサンが ある。

SNCFに新型の2階建て電車が入っていることに気づく。左は2階建て電車の1階座席。
SNCF train SNCF train
TGV,i,daughter and son 以前Montecalroまで来ていた TGVはNice止まりになっている。2001年秋にが新線がマルセイユ新駅まで開通するとの こと。(2001年6月某日新線開通のニュースがテレビで流れる。) 今後はシャルルドゴールに入ってTGVでコートダジュール行きも悪くない。
ということで日が暮れてNice駅に入ってきたTGVと記念撮影。


Grasseは全く変わっていなかった。中心街を少し外れたバスセンターに到着。 バスは概ね30分毎に運行されている。フログナード香水博物館見学。
Fragonard factory Fragonard factory and daughter 伯母・叔母さま方へのおみやげ香水を大量に購入。子供達が途中で鼻がおかしくなった、と文句を垂れる。 バスセンターそばにこの辺り唯一の珍しいNO TIPの公衆トイレあり。但し最高に 汚い。特に女性は覚悟が必要。

ルーベンスの絵が世界で唯一、美術館以外に飾ってあるカテドラルへ行く。家内と 子供の話によればどうも”フランダースの犬”の最終回に出てきた教会ははこれが モデルではないかとのこと。入り口のドアのデザインがそっくりと言う。確かに ルーベンスの絵は特別の日以外には公開されていないし、この辺りは冬は雪が深く、 坂道が多いというところも”フランダースの犬”の設定に良く似ている。(私は見た こと無いが)(追記:フランダースの犬はオランダが舞台だそうだ。)
以前、ケーブルテレビでGrasseの香水会社を舞台にしたドラマが放送されている。時折 出てくるGrasseやCannesの光景が妙に懐かしい。

Grasse and my family Grasse周辺が見渡せる高台(前記のカテドラルの裏あたり)に出る。 全く南欧そのものといった光景が目の前に広がる。(私は既に見ていたが)この光景を見ずして 南欧に来たとは言えないという感じは以前と同じ。再びバスでCannesに戻る。

<今日のイベントその2 Cannes観光>

Carton and my family Carton and son 映画祭会場は別の催事の後始末で周囲立入禁止だった。それでも何とか 黒沢監督の手型を探し出す。カールトンの前まで行って記念撮影。ただしカールトン の玄関が改装工事中。

夕食は近くの行きつけの中華料理店”竹薗”(BANBOO)にて。 内容は以前と変わらず。19時オープンの為、少し海岸で時間を潰す。日が暮れると さすがに風が冷たい。

前日に戻る 旅程表に戻る 次の日へ行く

log


トップページへ戻る




メールサーバーがダウンしている時の為に、このアドレスも覚えておいて下さい。
If main mail-server is down , you should remember the upper spare e-mail address.